FAQよくある質問

●箆柄暦(ぴらつかこよみ)の意味は?
八重山の方言で、怠け者のことを「ぴらつか」というそうです。唄三線や踊りに入れ込んで、あまり働かない人は「ぴらつか者」と怒られたりするそうです。でも、そんなぴらつか者も、ひとたびお祝いの席や、お祭りともなると、大活躍したりします。遊ぶときに役に立つカレンダーと言う意味を込めて「ぴらつか暦」と名づけました。なお、「ぴらつか」の語源が「箆(へら)の柄(つか)」という説(諸説あります)から、漢字を当て字して「箆柄暦」としました。

●情報はどうやって集めているの?
毎月半ば頃に、アーティスト、ライブハウス、ホール、など、約1500件にメールを送り、イベント情報の提供をお願いしています。また、約2000件の公式サイト、ブログ、掲示板などを巡回し、イベントの一次情報(本人や主催者が公表している情報)を収集しています。こうして集めた情報を整理し、NPO法人沖縄イベント情報ネットワークの管理するデータベースに蓄積します。蓄積されたデータの配信を受けて、箆柄暦の印刷版やインターネット版が製作されています。

●イベント情報を使わせて欲しいのですが。
イベント情報をご自身のウェブサービスで使いたい場合、NPO法人沖縄イベント情報ネットワークからライセンスを受けることができます。イベント情報は、全てを活用することも出来ますし、お店ごと、アーティストごと、地域ごとなど、ジャンルごとなど、様々な形で活用することができます。詳しくは、NPO法人沖縄イベント情報ネットワークまでお問い合わせください。

●どこで手に入るの?
沖縄県外では、全国約500店舗の沖縄料理店・物産店で入手できます。沖縄県内では、ゆいレールの駅、公共ホール、ライブハウス、カフェ、ジュンク堂書店那覇店、桜坂劇場など、イベントに興味のある、情報感度の高い人が集まりそうな場所に設置しています。

●沖縄のアーティストを呼んでライブをしたいんだけど?
沖縄のアーティストを呼んで、イベントを企画しているのだけれど、連絡先や出演の条件がわからないといった場合、とりあえずご相談ください。親しいアーティストならご紹介できると思います。そうでない場合も、ルートがないか調べてみます。その際に、おおまかな希望(時期や予算など)とか、企画書などを用意していただけると対応しやすいです。

●イベントを行うのに会場を探しています?
イベントの出演者、キャパシティ、予算、趣旨などの条件から、最適な会場を考えてみますので、ご相談ください。これまでに、沖縄料理店、ライブハウス、劇場、さらにはプラネタリウムでのライブも企画したことがあります。