Today

2018年9月19日 水曜日

  • 旧暦 8月10日

箆柄暦『一月の沖縄』2018


箆柄暦『一月の沖縄』2018
2018年1月1日発行/177号

『能の五番 朝薫の五番』第4回上演
「Sakurazaka ASYLUM 2018」出演者決定
「キタコマ沖縄映画祭2018」
浦添&宮古島で「おきなわ新喜劇」新作公演
池田卓『舵』
CHURASHIMA NAVIGATOR『LIFE IS TREASURE』
球春到来! プロ野球沖縄キャンプ&オープン戦
「木下大サーカス」が沖縄にやってきた!

 

 

 

 

 

《Piratsuka Special》
ジョニー宜野湾

還暦ライブで、ジョニー宜野湾のすべてを見せます!

 ジョニー宜野湾は、沖縄で活動する〝県産品〟のシンガーソングライターだ。名前の通り、出身は沖縄本島中部の宜野湾市。ウチナーグチを交えた飾らない言葉で、日常の幸せや喜び、悲しみや切なさを歌詞に綴り、ギターやウクレレの演奏に乗せて歌ってきた。その等身大かつポジティブなメッセージとハートフルな歌声、ダジャレも交えながらの軽妙なトークや笑顔が評判を呼び、音楽活動はもとよりテレビやラジオの番組、CMなどでも大活躍。県内だけでなく、県外の沖縄ファンにも人気のアーティストである。

 だが実は〝ジョニー宜野湾〟がブレイクしたのは、今から約20年前、彼が40代になってからのことだ。そこに至るまでにはミュージシャンとして、さまざまな経験と挫折、そして再出発があったと、彼は振り返る。
 「もともと僕はギタリストで、大学時代にボーカリストのShy(注:現在もソロで活動する沖縄出身のシンガーソングライター)と知り合って、HEARTBEATSというロックバンドを結成したんです。〝ジョニー〟はその頃からのニックネーム。Shyは本気でプロを目指していて、僕もその信念に共感して〝プロになりたい〟と思うようになりました」

 その夢は叶い、大学卒業後の1982年に彼らは大手レコード会社からスカウトされて上京、プロデビューを果たす。だが結果的にブレイクには至らず、約四年でバンドは解散。ジョニーは30歳で沖縄に帰ることを決意した。
 「帰沖後は〝もう音楽とは距離を置こう〟と決めて、不動産屋や鉄筋屋で働いたりしてました。名前も、ロックをやってないのに〝ジョニー〟じゃ恥ずかしいから、照れ隠しで〝ジョニー宜野湾〟って名乗るようにして。でも38歳くらいのとき、自分の中から自然と歌が生まれてきたんです。バンド時代とは違って、自分が経験したこと、心で思ったことを、普段使ってる沖縄の言葉で素直に書いていったら、どんどん作品が貯まってきて。それでもうこれはCDを出さなきゃと思って、会社に休みをもらって『うりひゃあでぇじなとん』というアルバムを作りました」

 CDタイトルはウチナーグチで「うわあ、大変なことになった」という意味。突然恋に落ちた男の心情をコミカルに、しかし真剣に歌った表題曲は、リリースするや沖縄中で大評判となり、CDは爆発的にヒット。テレビ番組などからも出演依頼が舞い込み、〝ジョニー宜野湾〟は一躍スターになった。だが、彼がそのとき一番嬉しかったのは、ヒットそのものより「自分の歌に共感してくれる人がいる、と知ったこと」だったという。
 「自分の歌を聞いて〝この気持ちわかるよ〟と言ってくれる人がいる。そこにギターとはまた違った、歌うことの喜びを感じました」

 その後はシンガーソングライターとして、常に第一線を走り続けてきたジョニー宜野湾。今年はついに還暦を迎えるにあたり、誕生日である2月11日(日)に、沖縄市で還暦ライブを開催する。当日は自身が参加するロックバンドやハワイアンユニット、旧友のミュージシャンの面々に加えて、Shyを含むHEART BEATSのメンバーも再集結。本人曰く「ジョニー宜野湾のすべてを見せる一夜になります!」とのことだ。

 昔から彼を知る人も、ここ最近からのファンの人も、ぜひ会場に足を運び、ジョニー宜野湾が生み出す音楽の魅力、そして彼自身の魅力を堪能してもらえればと思う。
(取材&文・高橋久未子/撮影・喜瀬守昭)

 

ジョニー宜野湾(じょにー・ぎのわん)
1958年2月11日、宜野湾市生まれ。1982年、ロックバンド「HEART BEATS」のギタリストとしてメジャーデビューし、約4年の活動を経たのち来沖。1998年にアルバム『うりひゃあでぇじなとん』でソロデビュー。現在はライブ活動のほか、テレビやラジオへの出演、ウクレレ教室の主宰など幅広く活躍中。

 

◆祝 ジョニー宜野湾還暦ライブ!!
出演:ジョニー宜野湾/ジョニー宜野湾BAND/ジョニー宜野湾&WALE WALE/HEART BEATS/末吉秀行/滝田法寛/豊田益市
日時:2018/2/11(日)開場17:00 開演18:00
会場:ミュージックタウン音市場(沖縄市)
料金:前売3,000円 当日3,500円 共に1ドリンク別途
問合:オフィスギノワン kamiyama66@i.softbank.jp