箆柄暦『十二月の沖縄』2016

pira1612_hyo250箆柄暦『十二月の沖縄』2016
2016年12月1日発行/164号

「KOZA CLASSIC ROCK IN TOKYO」
フォークシンガーの友川カズキ、トリオで初の来沖
新ユニット「MILQJAM」結成&初ライブ
普久原恒勇、作曲活動55周年記念コンサート
内田勘太郎『DEEP BOTTLE NECK GUITAR』
豪華唄者が出演! 島唄継承vol.2『知名定繁の世界』
The Butterfly Collectors『promised land』
ヨシムラタカシ『暴力』

 

 

 

 

《Piratsuka Special》
比屋定篤子

19年を経て、色あせない歌とメロディが蘇る。

 伸びやかで柔らかく、どこか懐かしさを感じさせる南風のような歌声で、自身のオリジナル曲やラテンナンバー、沖縄のわらべ歌などを歌うシンガー、比屋定篤子。1997年にソニーミュージックからメジャーデビューし、東京で約3年間活動したのち帰沖、現在は那覇を拠点に県内外でライブを行っている彼女が、先月、メジャー時代の音源を収録したベスト盤『昨日と違う今日〜比屋定篤子ベスト&レア』をリリースした。この企画はソニー側からの提案だったそうで、比屋定は「正直、驚きました。デビューからもう十九年も経ってますから」と笑う。
「でも考えてみたら、来年はデビュー20周年。当時のCDはもう流通していないし、この機会に昔の楽曲を多くの方に聴いていただけるなら、私にとってもありがたいことなので、とても嬉しく思っています」

 選曲を担当したのは、2009年に比屋定とコラボアルバム『ナチュラル・ウーマン』を共作した音楽プロジェクト「流線形」のクニモンド瀧口。彼女の歌はデビュー当初からずっと聴いていたという〝比屋定ファン〟の彼が選んだのは、7枚のシングルや3枚のアルバムから選りすぐった代表曲を中心に、アルバム未収録のシングルカップリング曲、南佳孝とのデュエット曲、大貫妙子のカバー曲など、まさに〝ベストとレア〟を組み合わせた17曲だ。選曲を彼に一任した比屋定は、完成盤を聴いて「自分自身が改めて〝比屋定篤子〟を再評価しました」と振り返る。

「実はソニー時代の〝比屋定篤子〟は、作詞と歌を担当する私と、作曲家の小林治郎の二人組ユニットなんです。今回久しぶりに当時の曲を聴いてみて、ぜんぜん色あせてないというか、まったく古く感じないことに驚きました。これはやっぱり、彼の作ったメロディが素晴らしいからだなと。しかもアレンジもレコーディングも、メジャーならではの完成度の高さで、曲の持つ可能性をさらに広げてくれた。当時こういう作品を作れたことは本当によかったなと思うし、素晴らしいアレンジャーやミュージシャンの方との出会いも含めて、この宝物のような経験が、今の私の音楽活動にもつながっていると思います」

 その後、比屋定は2000年にメジャーとの契約を終了。翌年には結婚のため沖縄に帰り、以降は地元で出産や子育てと向き合いながら、マイペースに音楽を続けてきた。東京を離れても、出産しても、歌をやめるつもりはまったくなかった、と言う。
「私は歌ってないとダメなんです。人前に立って歌うことでパワーがもらえて、自分が自分である意味を確認できる。ただ、今は歌だけあればいいってことでもなくて、子育てや家事も大切。かけがえのない家族と歌、両方あって〝今の私〟が成り立っているんです。これからも自分のペースで、楽しくライブができたらいいなと思っています」

 現在は、デビュー当初からの付き合いであるブラジリアン・ギタリストの笹子重治と組み、全国各地や県内で定期的にライブを行っている比屋定篤子。今回のベスト盤には、ライブでおなじみの楽曲も数多く収録されており、今の歌声やアレンジと聴き比べながら楽しむこともできる。また、収録曲はシティポップ調からラテンテイストまでバラエティに富み、サウンドもキラキラとみずみずしく、音楽好きには聴き応えのある曲ばかり。以前からのファンはもとより、沖縄での彼女しか知らない人、まだ比屋定の歌を未体験の人にもお勧めしたい一枚だ。そして、この作品の先にある〝今〟の彼女の歌も、ぜひライブで楽しんでもらえればと思う。
(取材&文:編集部/撮影:喜瀬守昭)

ヘアメイク:美容室pupa? 098-861-4174
衣装:Touch me not

 

比屋定篤子(ひやじょうあつこ)
那覇市出身。武蔵野美術大学入学を機に上京し、在学中に作曲家の小林治郎とユニットを組んで音楽活動を開始。卒業後、1997年にシングル「今宵このまま」でメジャーデビュー。2001年に帰沖し、現在は那覇を拠点に県内外でライブ活動を行っている。公式サイト http://www.atsukohiyajo.com

比屋定篤子 with 笹子重治
“唄うたいとギター弾き”年末ライブ2016
 
2016/12/26(月)開場18:30 開演19:00
桜坂劇場ホールB TEL:098-860-9555
前売3,000円 当日3,500円
(中高生前売1,500円/当日2,000円
 小学生前売当日共1,000円、未就学児無料)
※1ドリンク別途

 

『昨日と違う今日〜比屋定篤子ベスト&レア』
ソニーミュージックダイレクト MHCL-30424 
2,500円(税別) 11/23発売
君の住む街にとんで行きたい/街/オレンジ色の午後に/七色神話/まわれまわれ/光のダンス/ロンド/危険な関係/三月の丘の上で/メビウス/眠り/永久性にそそぐ特効薬/祈り/リビドー/Sweet Rhapsody/青い自転車/昨日と違う今日