箆柄暦『八月の沖縄』2015

pira1508_hyo250
箆柄暦『八月の沖縄』2015
2015年8月1日発行/148号

ドキュメンタリー映画『戦場ぬ止み』
堀内加奈子『花想い』リリース
ガレッジセール座長のおきなわ新喜劇「空手フリムン一代!」
りんけんバンド10月東京コンサート
ハートビーツ『DANCE THE NIGHT AWAY/CRAZY DANCE』
ジョニー宜野湾『ジョニー宜野湾BEST 1998-2014』
Black Wax『Vigor(ヴィゴー)』
沖縄国際映画祭「地元CM」アイディア募集中
Soluna『8(オーチョ)』
うとぅいむち(おもてなし)うちなー感動プログラム
友川カズキ LIVE IN OKINAWA 2015 2day

 

 

《Piratsuka Special》
仲宗根創
歌の道を歩いて十五年、歌う門には福来たる。

 それは、今から十五年ほど前のこと。十二歳の少年が、照屋林賢(りんけんバンドリーダー)主催の民謡歌手オーディションに出場し、大人顔負けの歌三線を披露してグランプリを獲得、CDデビューを果たした。少年の名は、仲宗根創。祖父の影響で三歳から民謡を歌い始め、五歳のときには沖縄民謡の巨匠・登川誠仁の早弾き「多幸山」をCDで聞いて衝撃を受けたという、筋金入りの民謡好きである。デビュー後も稽古に邁進し、高校時代には憧れの登川に弟子入り。最初は早弾きを習いたくて入門したが、「登川先生には『沖縄の民謡は情け歌に尽きる』ことを教えていただきました」と、現在二七歳になる創は振り返る。

 「民謡はもともと人々の生活や仕事の中から生まれたものだから、歌だけ練習していても歌は伸びないよって。それで一緒に畑で農作業したり、道路掃除を手伝ったりしました(笑)。早弾きにしても単に早く弾けばいいってものじゃなくて、踊りやすいリズムが大事なんだよ、とか。民謡の歌詞である琉歌の素晴らしさも、登川先生から教わりました」

 その巨匠に約十年間師事した創は、自身の歌三線に磨きをかける一方、二十歳で民謡研究所を立ち上げ、後進の指導にも取り組んだ。そして二年前の春、登川誠仁は惜しまれながら八十歳で逝去。師匠の教えを胸に、創は「これからは歌にもっと自分の個性を出していきたいし、新しく自分のオリジナル曲も作りたい」と、今後の目標を語る。

 「登川先生はじめ先輩方は、どんな民謡を歌うときも自分の〝味〟が出ていて、僕も最終的にはそこを目指したいなと。同時に、自分で新しい歌を生み出したいという気持ちもあります。もし僕らの世代が新曲を作らずに、昔の歌ばかりを大事に歌っていたら、これまで歌を作ってきた先輩方に『甘えるな』って怒られると思うんです。古い歌をしっかり勉強したうえで、民謡以外の音楽も融合して、自分にしか作れない、新しくて面白い民謡を作っていきたいです」

 そんな彼にとって今年は、デビュー十五周年という記念の年である。今月十六日にうるま市で開催するコンサートには、照屋林賢ら豪華ゲストや門下生、そして創の祖父も出演し、創とも共演する予定だ。タイトルの「歌い福い」は、沖縄方言の「笑い福い(=笑う門には福来たる)」を彼流にアレンジしたもの。「歌い続けてきたからこそ福をもらえた」という、創の実感が詰まった言葉である。

 「今の僕があるのは、僕の歌を聞いてくださった皆さんのおかげ。その感謝を込めて、当日はお客さんに心から喜んでもらえる、楽しいステージをお届けできたらと思っています。そして九月には、久々に東京の琉球フェスティバルにも出演します。どちらの会場でも、たくさんの方にお会いできれば嬉しいです」

 幼い頃から歌の道一筋に歩き続け、師匠をはじめ先人達の歌を真摯に学んできた仲宗根創。確かな実力と長年の経験、民謡への愛と敬意を併せ持ち、それでいてまだ二七歳という若さの彼は、今後さらに伸びやかに成長し、その歌三線は聞きごたえを増していくに違いない。節目の年の公演、ぜひお見逃しなく。
(取材&文・高橋久未子/撮影・喜瀬守昭)

 

仲宗根創(なかそね・はじめ)
1988年那覇市生まれ。2000年にアルバム『アッチャメー小』でCDデビュー。2003年より故・登川誠仁に師事。現在は県内外で演奏活動を行うほか、自らの民謡研究所で後進の育成にも取り組んでいる。

 

◆仲宗根創 歌道15周年記念コンサート「歌い福い」
仲宗根創/仲宗根盛光(祖父)/仲宗根創民謡研究所門下生/糸数寛希/クガナーズ
ゲスト:照屋林賢/山内昌春/山里ユキ/饒辺愛子/伊藤幸太
舞踊:仲村奈月/宮城愛
伴奏:仲大千咲(琴)/宇座孝枝(太鼓)
司会:城間幸一
日時:2015/8/16(日)開場17:30 開演18:00
会場:うるま市民芸術劇場響ホール
料金:前売2,500円 当日3,000円
問合:キャンパスレコード 098-932-3801

◆第20回記念 琉球フェスティバル2015
大城美佐子/朝崎郁恵/古謝美佐子/よなは徹
ディアマンテス/パーシャクラブ/大島保克
金城みゆき&仲宗根創 司会:ガレッジセール
日時:2015/9/20(日)開場15:15 開演16:00
会場:日比谷野外大音楽堂(雨天決行)
料金:前売7,000円 当日7,500円
問合:M&Iカンパニー 03-5453-8899