3/14に3年ぶりの単独ライブ決定! パーシャクラブ「His’Try(ヒストリー)」

石垣島出身の実力派唄者・新良幸人をボーカルに擁するロックバンドのパーシャクラブが、3/14(土)に北谷のライブハウスMOD’Sで、久々の単独ライブを開催する。ここ3年はサウンドの要でもあったベーシストの神村英

戦後の沖縄史を名曲とともに振り返る音楽ショー『THE AGYAAA SHOW(ジ・アギャーショー)』

戦後75年にわたる沖縄の歴史を、時代のヒット曲とともに振り返るラジオ番組『THE AGYAAA SHOW(ジ・アギャーショー)』。大混線の電波はあの世にもつながり、今は亡き大物唄者や大物政治家も出演?!…というユニークな

マルチーズロックがゲストを迎え 対バンライブシリーズをスタート

那覇の栄町市場を拠点に活動するミクスチャーロックバンドのマルチーズロックが、この1月から桜坂劇場を舞台に、新たな対バンライブシリーズ「ヒヤミカチロック」をスタートさせる。「ヒヤミカチ」はウチナーグチで「奮い立たせる」の意

安心安全でおいしい食が大集合 沖縄まーさんマルシェ

沖縄全域から安心・安全で“まーさん”な(おいしい)食が集まる「沖縄まーさんマルシェ」が、1/26(日)に那覇のパレットくもじ前広場で開かれる。会場には有機無農薬農法にこだわった野菜や果物、穀物等が並ぶとともに、添加物・化

普久原朝充『沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶』

いま沖縄ではホテルやマンションの建設ラッシュが続く一方、歴史ある建物が次々と壊され、失われつつある。本書は沖縄独特の古い建物と、それらに関わってきた人々の記憶を丹念に記録し、ていねいな図解や写真、コラムも交えて紹介した1

普天間かおり初の歌詞集『コトバ、オドル。』発売&1/19には沖縄でソロコンサート開催

沖縄出身のシンガーソングライター・普天間かおりが、自身初となる歌詞集『コトバ、オドル。』を発売した。オリジナル曲の中から50曲の歌詞を厳選し、撮り下ろしの写真とともに掲載。文字は手書きと各種フォントを併用し、見開きごとに

デズモンド・リャン『Happiness in Okinawa is…』

「海に沈んでいく夕日を眺めること」「三線の音色」「58号線のドライブ」「エイサー」など、沖縄で経験できる“ほんの小さな喜びの瞬間”を365個集め、キュートな絵とコメント(日本語/英語)で紹介しているイラストブック。著者は

クロネコリズム『夜明けのパレード』

沖縄で活動するSKAバンドのクロネコリズムが、10年ぶりとなる6曲入りニューアルバムをiTunes Store、Apple Music、Spotify等で配信開始。歌ものとインストのオリジナル曲に加えて、昭和の歌謡曲「人

首里城で解説会&写真パネル展を開催中

2019年10月末に大規模火災が発生し、正殿を含む複数の建物が焼け落ちてしまった首里城。現在、焼失部分は非公開のままだが、守礼門や歓会門を含む周辺の公園エリアは公開されており、園内全域の約8割が入場可能になっている。また

琉球交響楽団 2ndアルバム発売&初の東京公演決定

沖縄初のプロオーケストラとして誕生し、今年創立20周年を迎える琉球交響楽団が、音楽監督である大友直人の指揮により、3/4(水)に15年ぶりの2ndアルバム『沖縄交響歳時記』をリリースする。収録曲は作編曲家の萩森英明による

沖縄の歌と踊りで綴る命の讃歌 沖縄版ミュージカル『沖縄燦燦』

2013年の初演以来、国内外で公演を重ね、イギリスの演劇祭では五つ星を獲得した沖縄版ミュージカル『沖縄燦燦』が、2020/1/10(金)~12(日)の3日間、那覇市のパレット市民劇場で上演される。物語は沖縄の島を舞台に、

平和への思いを唄三線に託して…宜保和也『へその音(お)』スペシャルインタビュー

石垣島に生まれ育って幼少から三線を習い、高校卒業後は沖縄県立芸術大学(以下、芸大)で琉球古典音楽を専攻。現在は沖縄本島を拠点に、琉球古典音楽の公演や沖縄民謡のステージ、三線を使ったオリジナル曲のライブなど、多方面で活躍す

やんばるの聖地・大石林山で「不思議体験レポート・写真展」

沖縄本島北端に位置する観光施設「大石林山」は、安須杜(アシムイ)と呼ばれる岩山にある自然豊かな公園だ。安須杜は「神が降臨して沖縄で最初に造った聖地」とされ、エリア内には40数か所もの御願所が点在。近年はパワースポットとし

島唄界の巨匠をリスペクト!島唄継承 Vol.5「前川朝昭の世界」

沖縄民謡界の発展に貢献した先人達と、彼らが残した島唄に敬意を表して、今の沖縄民謡界を背負って立つ面々が一堂に会し、先人の唄を歌い継ぐコンサート「島唄継承」。その第5回目が2019/12/8(日)に、沖縄市のミュージックタ

BEGIN『BEGINライブ大全集2』

2020年3月にデビュー30周年を迎える石垣島出身の3人組バンドが、12年ぶりにライブベスト盤の第2弾をリリース。2010年代の音源を中心に、ヒット曲「島人ぬ宝」で始まり、デビュー曲「恋しくて」で終わる、全28曲のライブ

沖縄から“物語”を届ける新雑誌『CONTE MAGAZINE Vol.1』

東京で長年雑誌の編集に携わり、現在は沖縄で飲食店を営みつつ編集・ライターの仕事を続ける2人の編集者と、東京在住のアートディレクターがユニットを組み、沖縄で創刊した新雑誌。編集の2人が沖縄の暮らしの中で感じている、人と人、

沖縄本島北部でアートに親しむ「やんばるアートフェスティバル」

沖縄本島北部に広がる自然豊かな“やんばる”エリアで、2019/12/14(土)~2020/1/13(月祝)の1か月間、多彩なアート作品や工芸品に触れられるアート展「やんばるアートフェスティバル」が開かれる。会期中は現代ア

むぎ(猫)、新作EP発売&リリースツアー『ねっこほって e.p.』

2019年3月、猫界から初のメジャーデビューを果たした沖縄在住のアーティスト・むぎ(猫)が、新作EP『ねっこほって e.p.』をリリースする。タイトル曲はNHK Eテレの人気アニメ「ねこねこ日本史」のエンディングテーマ用

Live Spot探訪 Vol.3 桜坂劇場

国際通りから少し入った“桜坂”と呼ばれるエリアにある、那覇の文化発信拠点。ミニシアター系を中心とした映画の上映をはじめ、コンサートやトークライブ、音楽フェスや野外マルシェ、カルチャー教室やその発表会など、多種多様なイベン

南城市内の御嶽や拝所で 本格組踊を解説とともに上演

南城市内にある御嶽(うたき)や拝所(うがんじゅ)などの聖地で、沖縄の伝統芸能である組踊を鑑賞するイベント「地域の文化遺産で体験する本格組踊」が、11/9(土)稲嶺農村公園、11/30(土)船越公民館前広場、12/14(土

ガンガラーの谷でcobaと石井竜也が共演「魂の音楽祭 マブイオト」

世界で活躍するアコーディニオストのcobaが、毎年沖縄で行っているコンサート「魂の音楽祭 マブイオト」が、今年も11/22(金)・23(土)の2日にわたり、南城市の「ガンガラーの谷」にある洞窟「ケイブカフェ」で開かれる。

沖縄の伝統芸能の魅力を体感 『NEO Ryukyu』

エイサー、獅子舞、琉球舞踊、空手、三線など、沖縄の伝統芸能を独自の演出で組み合わせ、ダイナミックなステージングで魅せるエンターテインメントショー『NEO Ryukyu』が、11/29(金)~12/1(日)の3日間、国際通

BEGIN『BEGIN ガジュマルベスト』

来年デビュー30周年を迎える石垣島出身の3人組バンドが、これまでに発表してきた楽曲から厳選に厳選を重ね、全16曲を収録したベストアルバム。デビュー曲「恋しくて」をはじめとする初期作品から、「涙そうそう」「島人ぬ宝」「三線

沖縄にルーツを持つ劇作家が県内初公演 神里雄大『ニオノウミにて』

沖縄系ペルー人の父を持つ劇作家で、2018年には岸田國士戯曲賞を受賞した神里雄大が、自身の劇団「岡崎藝術座」を率い、11/8(金)~10(日)に那覇市のアトリエ銘苅ベースで、最新作『ニオノウミにて』を上演する。本作は、神

仲田かおり『花島風月~かとうふうげつ~』

石垣島在住のシンガーで、2000年代は沖縄ポップスユニット「彩風(あやかじ)」のボーカルとして活動していた仲田かおりが、ソロとなって初のフルアルバムをリリースした。全曲の制作を手がけたのは、彩風時代から仲田と音楽活動を共

ハシケン『THE ETERNAL VOICE』

秩父出身で沖縄との縁も深く、現在は奄美大島を拠点に全国でライブ活動を行うシンガーソングライターの最新作。音源はツアー先の札幌で録音されたもので、既発の5曲に加えて新曲1曲と、河瀬直美監督の映画『2つ目の窓』に提供したテー

カナダへの留学、考えてみませんか? カナダ教育フェア

カナダから高校や大学、専門学校、語学学校、教育委員会などの代表が十数校来沖し、現地の学校情報を提供する「カナダ教育フェア」が、11/23(土)に浦添市のP’s SQUAREで開催される。会場では通訳スタッフを